スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欲しいものができました。

最近パソコンを持ち歩くことが増えてきて、カバンについて色々考えるようになってきました。

今は普通のPCバッグにそのまま入れて持ち運んでいるんですが、15インチサイズのノートが入るサイズ幅ではあるものの、あまり内容量が多くなく、持ち歩ける量が限られたりしてしまい中々頭を悩ませています。

そんな中、最近何かと話題に出てくるひらくPCバッグのことがちょっと気になって調べてみたところ、確かにこれは良さそう。

2万円ほどするものの、自立するしPCは取り出しやすそうだし、内容量も結構ありそう。

冬のボーナスも出たしちょっと贅沢して買ってみようかな、と思ったところなんと売り切れ。

出荷が2014年4月になるとのことでして、今回は泣く泣く諦めました。

まぁ今使ってるPCバッグでも今の所まだ何とかなっていますし、これで内容量に困るようなことがあったら、一度3WayのPCバッグを購入して使いまわしてみようと考えております。

ちなみに今使ってるのはMacbookAirの13インチのものです。

普段使いする分にはかなりいいものではあるんですが、BootCampをしていないし、やっぱりWindows専用のウルトラブックが欲しいとか感じる時があります。

まだ購入した訳では無いのですが、地味に目をつけていたのがThinkpadのX1Carbonという機種。

安心と信頼のThinkpadというブランドでウルトラブックサイズで更にFキー配列が通常のキーボードと同じように、F1からF4までがつながって並んでおり、少しの空間を開けてF5からF8キーまで、といったウルトラブックではあまり見かけないタイプのキーボードになっています。

通常のノートパソコンやウルトラブックだと、Fキーがそれぞれ独立している物や、Fキーが全部つながっているものが多いため、デスクトップPCで使っていた、一般的なキーボードのFキー配列に慣れている私としては少々使いにくい部分がありました。

というか主に、ノートを使ってROをやっている時にFキー押し間違えとかしていたため大分イライラしてたりしました。

そんな私のニーズに答えてくれそうなThinkpadのX1 Carbonくんですが、構成を思うがままに変更していたら20万近い金額になったためまだ購入に踏み切れておりません。

更に言うと、Thinkpad X1 Carbonに乗っているCPUはインテルの第三世代の物なんですが、現在のノート業界のトレンドはインテルの第四世代ことHaswellちゃん。

先月ぐらいに発表されたThinkpadの新作X240にもこのHaswellちゃんが搭載されています。

このHaswellちゃん、かなりの省電力化を測った上で全体的な性能をかなり向上させたノートパソコン向けのCPUなのです。

今回のX240に搭載されたのを試金石としている可能性もあるため、私としては少々時間を置いてX1CarbonにHaswellちゃんを積んだ後継機のようなものが出てこないかと期待しております。

現時点ではX240は12.5型の物しか発表されていませんしね。
一応後日フルHDサイズの物も年末に発表されるらしいので、気になる方はそちらを購入してみるのも良いかもしれません。

PC触るのが趣味なので、そこそこの頻度で色んな情報を調べてはいるのですが、色々な情報があって面白いですね。

ディスプレイも何やら面白い進化を遂げそうで今後の情報が楽しみです。
スポンサーサイト

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。